今日のテーマは【高校の授業に「資産運用」導入】

 

2022年度から高校の授業に「資産運用」を導入すると、文部科学省が発表しました

日本では「お金=不浄のもの」「子どもの前でお金の話はしない」といった

道徳心が一般的な時代もあり、世界各国と比較して日本のマネー教育は遅れていました。

 

しかし最近では、老後の年金2000万円問題や人生100年時代に備えるため

投資や貯蓄を始める若者が増えたことにより、金融教育が重要との認識も高まりました。

 

授業の内容として、株式や投資信託といった金融サービスに関するものから

電子マネーなどのキャッシュレス決済や仮想通貨、金融商品のリスクとリターンまで

幅広くかつ具体的な題材も取り扱うといわれています。

 

国が高校生などの若者に対して、金融リテラシーに関する教育を行い始めるということは、ある意味

「将来の老後資金や自分の資産は、国に頼らず長期的に計画・準備して自分の力で増やしていくように」

というメッセージのようにも捉えられます。

 

これからの時代、金融リテラシーに関してますます関心が高くなっていきます。

若者だけでなく、社会人として働いている方々もお金の勉強は必要不可欠ですので

時間のあるときは自分で勉強する癖を身に付けていきましょう。

 

【参考記事】

来年から高校の授業に「資産形成」 政府が躍起になる子どもへのマネー教育

日本の「お金」の教育が、いまだにアメリカに比べて時代遅れなワケ