今日のテーマは【日本の食品ロスの現状】

 

「まだ食べられるのに、捨てられてしまう食べ物」を意味する食品ロス。

日本では、この食品ロスが年間どのぐらいの量か皆さんはご存じでしょうか?

 

結論を言うと、その量なんと年間600万t以上

日本人1人当たり、お茶碗1杯分のごはんの量が毎日捨てられている計算になります。

さらに廃棄コストは年間2兆円

 

古くから「もったいない」精神で、モノを大切に長く使いながら生活をしてきた私たち日本人ですが、

生きるために必要な食についても、1人1人が責任を持って大事に食べてほしいと強く感じました。

 

【参考記事】

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2010/spe1_01.html

https://www.mottainai-shokuhin-center.org/now/