今日のテーマは、【日本の男女格差、世界120位】

 

世界経済フォーラム(WEF)が発表した2021年の男女平等度を示す「ジェンダーギャップ指数」において

日本は156カ国中120位となり、先進国では最下位という結果になりました。

 

各分野ごとの順位では、経済が117位、教育が92位、健康が65位、政治が147位。

特に女性の政治参加が進んでいないことが日本の全体の順位を押し下げています。

 

少子高齢化、保育、介護、子育て、教育、福祉、医療など、女性にかかわる政治課題は山積みしている中

男性議員に偏りすぎては、政策や議論などにも限界があるように感じるので、

女性の政界進出が必要不可欠になっていくと思います。

 

【参考記事】

「縮まらない男女格差 女性の政治参加を」

「女性の社会進出」妨害する日本の悪習の正体